blog
小さなアトリエから
2019.03.27
3月のワークショップが終わりました。

先週の日曜日、3月24日に、3月のワークショップを開催いたしました。

ご参加くださった皆さま、本当にありがとうございました。

 

今回取り上げたテクニックは「オウルノット」。

オウル(目打ち)を使って、パーツとパーツの間に一つずつ

ノット(結び目)を入れていく技法になります。

 

よくパールのネックレスにこの技法が使われていたりします。

ノット(結び目)が入ることで、パール同士が擦れあって痛むのを防ぎ

万が一糸が切れた際にも、全部がバラバラになってしまうのも防ぐのです。

 

皆さん、最初は結び目をパーツの際までオウルで移動させるのに苦労されていましたが

コツを掴むと、リズム良く淡水パールとガーネットをつないで行ってらっしゃいました。

 

相変わらず、いっぱいいっぱいの私。

今回も、皆さんの出来上がりの写真を撮り忘れました。。。(苦笑)

 

次回のワークショップの開催は、7月。

 

まだサンプルの制作ができていないのですが

今、取り上げるテクニックをどれにするかで迷っています。

ワイヤーを使った「めがね留め」にするか、オウルノットの応用となる

「両結び留め」にするか。。。

 

サンプルが出来上がり次第、こちらでもご案内いたしますので

よろしかったら、ぜひご参加ください。

Share Button